イギリス系イラン人女性Ghoncheh Ghavamiさん(25)がバレーボールを観戦しようとして逮捕され、1年の禁固刑を言い渡されました。イラン国内のメディアによると『国家に対するプロパガンダを広めた』ことが罪状だそうです。

47
Ghavamiさんは今年6月に抗議活動参加中に逮捕され、数時間後に釈放されましたが、10日後に自身の持ち物を受け取りに拘置所に戻った所、再び逮捕されてしまいました。同じように逮捕され釈放されたShiva Nazar Ahariさんは『私たちは自分たちの国のチームをスタジアムで応援したいだけなんです。』と訴えています。
57
10月中旬に1日だけ法廷が開かれましたが、これは彼女の逮捕から4ヶ月も遅れたもので、今月の初めにGhavamiさんは自身の逮捕や裁判に抗議したハンガーストライキに入りました。『とても失望しましたし、家族も彼女のサポートしてくれている人達も、彼女が即座に開放されることを願っている』と兄のIman Gavamiさんは話しています。
Ghoncheh-Ghavami
Gavamiさんを開放するためChange.org(署名サイト)に『Bring my sister home(私の妹を家に連れ戻す!)』を開設し、すでに70万件の賛同署名が集まっていおり、英国外務省も『Ghavamiさんの逮捕や判決の根拠について疑問を感じている』とBBCを通じて声明を発表しました。イランは二重国籍を認めておらず、二重国籍者はイラン人だと考えています。

via : mashable.com facebook.com / Free Ghoncheh Ghavami