バレーボール観戦が原因で6月に逮捕されたイギリス系イラン人女性Ghoncheh Ghavamiさん(25)が開放されたと様々なメディアが報道しています。

関連記事『バレーボール観戦をしたイギリス系イラン人女性が逮捕される

10385553_844704518913919_1852978995962091435_n
イランでは宗教上の理由で女性がスポーツを観戦することが認められておらず、Ghavamiさんは抗議活動の一環としてスタジアムでバレーボール観戦を行っている際に逮捕されました。一旦は開放されましたが、再逮捕され5ヶ月以上刑務所に投獄され、ハンガーストライキなどで逮捕や裁判での不当な扱いに抗議するなど様々な動きがありました。
10610827_840926165958421_6379125526933423267_n
世界中からGhavamiさん開放を訴える声が集まり、様々なスポーツのアスリート達も試合前後に『FREE GHAVAMI』のフラッグやTシャツなどでアピールするなど世界的な動きとなりました。兄のIman GavamiさんがChange.org(署名サイト)に開設した『Bring my sister home(私の妹を家に連れ戻す!)』には世界中から70万件の署名が集まり、今回の開放に大きな影響を与えたとされています。
10665273_843825882335116_5176199908704266876_n
女性のスポーツ観戦や参加が禁止されている国がまだまだあり、今回の一件は『女性とスポーツ』について考える大きな出来事となっています。

via : mashable.com facebook.com