ニジェール共和国にある塩田湖で有名な町『Teguidda-n-Tessoumt(テギッドア・ヌスーメ)』を紹介します。町の近くには数百もの塩田湖があり、塩田湖作製時に使われる粘土の違いにより、様々な色の塩田湖が点在しています。塩田湖といっても海から数千キロも離れているため、この町の塩の原料は海水ではなく、この地域特有の粘土だと言われていて、塩の生成には塩田湖に溜めた水分の蒸発を利用した手法がが使われます。長い時間をかけて水と粘土から塩分が取り出され、すべての水分が蒸発し塩の結晶が生成されます。

関連記事『35年間苗木を植え続けたインド人男性『フォレストマン』

salt-works-teguidda-n-tessoumt-1[6]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-3[6]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-5[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-6[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-7[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-8[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-4[9]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-9[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-10[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-11[5]
salt-works-teguidda-n-tessoumt-2[2]

via : amusingplanet.com