フロリダのサラソータで運営されているストリートアートプロジェクト『アウトドア・ピアノ(道ばたのピアノ)』を演奏するホームレスの男性が話題になっています。『Donald Glaud』は妻に先立たれたことが原因で生活が荒れ始め、ホームレスになり6〜7年が経ったそうです。子供の頃からピアノを習っていたという彼の演奏する姿が話題になり、彼を支援する活動がインターネットを中心に広がっています。

関連記事『NYのホームレスを無償で散髪し続けるスタイリストが話題



via : twistedsifter.com