MITの有形的表現媒体のグループがクラシックピアノを使ったアートプロジェクトで話題を集めています。クラシックピアノの鍵盤の上に『歩く人のイメージ』が投影され、踏んだ鍵盤を引くことで様々な曲を演奏することが出来ます。クラシック音楽で使われる『adante(イタリア語)』の意味は『歩く』という意味だそうです、今回のプロジェクトで表現された『歩く人のイメージ』はまさに、クラシック音楽の『adante』を表しています。

関連記事『デンマーク室内管弦楽団が世界一辛い唐辛子を食べながらタンゴを演奏




via : mymodernmet.com