Kelvin Cooperage(ケルビン・クーパレッジ)はバーボンやワインの酒樽を作り続けている樽製造会社です。1963年にスコットランドでスタートした会社は、2世代によって引き継がれ世界で最も古い酒樽製造所の一つとして知られています。

関連記事『地球温暖化でワインコルクの質が低下

19
酒樽製造方法は昔から大きく変わっておらず、ケルビン・クーパレッジでも1930-40年代から使われている手法から変わってないそうです。樽の寿命は60-70年で、複数回醸造に使われることにより、香りがますと言われています。
30
洋樽独特の曲線は、樽の中で火をたいて木材を曲げる作業を根気づよく行う昔からの製造方法が行われており、火と水を使い長い時間をかけて曲げられます。その際に樽の内部が焼かれ、炭化した表面がバーボンやウィスキーなどの香りをより引き出す効果があるそうです。



via : theawesomer.com