アメリカの陸海空軍にロボット技術を提供しているアメリカの会社『Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)』が作成した最新鋭ロボットのプロモーション動画に『ロボットがバナナで転けるシーン』が収録されています。

SpotMini(スポットミニ *ロボット名)は24kgと軽量で、フルチャージ(電気充電)の状態から90分前後の稼働が可能で、動画では家事手伝いを行う光景も収録されています。

又、ロボットは稼働音が問題とされていましたが、SpotMiniは最も静かなロボットの一つだとされています。デプスカメラ、固有受容体センサー、半導体素子電気回路ジャイロなど、最先端技術も搭載されており、バナナで転けた後に自力で立ち上がる内容も動画に収録されています。

*バナナで転けるシーン(1分27秒)

関連記事『ロボットがペンを使って手紙を書いてくれる手紙アプリ




via : twistedsifter.com