NASAが木星の北極点でオーロラ観測に成功しました。木星のオーロラが初観測されたのは1979年で、ボイジャー1号によって観測されました。今回観測されたオーロラは、サイズが地球よりも大きく、 100倍以上のエネルギー量が計測されたそうです。

太陽系で最も大きな木星はカラフルな雲で覆われていることで有名で、太陽風などの影響が木星へ様々な影響を与えることが、今回観測されたオーロラで改めて認識されました。

地球のオーロラは気象環境や天然ガスなどのコンディションによって赤、緑、紫の3色に変化することが分かっていますが、木星には計測されていない気象環境や天然ガスが存在しているため、木星でしか観測されないオーロラが今後観測されるのでは?と期待されています。や状況があるため

関連記事『NASAのハロウィーンカボチャコンテストが科学的すぎて理解できない

auroras-bigger



via : twistedsifter.com