ドットコムバブルの崩壊も乗り切ったYahooでしたが、先日(2016/7/26)ベライゾン(北米大手携帯会社)が48億ドルでYahooを買収したニュースが流れました。そんなYahooの1996年から2016年までの画面の変化を紹介します。

1994年1月にスタンフォード大学の卒業生Jerry Yang(ジェリー・ヤン)とDavid Filo(デビッド・ファイロ)によってスタートしたYahooは、当初『Jerry and David’s Guide to the World Wide Web(ジェリーとデビッドのワールド・ワイド・ウェブ・ガイド)』という名前でスタートし、同年4月には名前が現在の『Yahoo』に変更されました。

名前の由来は、ガリバー旅行記に登場する獣の名前をとったという話が有名ですが、後付け的に『Yet Another Hierarchical Officious Oracle』の頭文字をとったという話もあるそうです。

関連記事『様々な国のGoogle検索で『◯◯はいくら?』で出てきた言葉


1996
uploads-2016-7-25-yahoo2_1
1997
uploads-2016-7-25-yahoo2_2
1998
uploads-2016-7-25-yahoo2_3
1999
uploads-2016-7-25-yahoo2_4
2000
uploads-2016-7-25-yahoo_5
2001
uploads-2016-7-25-yahoo_6
2002
uploads-2016-7-25-yahoo_7
2003
uploads-2016-7-25-yahoo_8
2004
uploads-2016-7-25-yahoo2_5
2005
uploads-2016-7-25-yahoo2_6
2006
uploads-2016-7-25-yahoo2_8
2007
uploads-2016-7-25-yahoo_12
2008
uploads-2016-7-25-yahoo_13
2009
uploads-2016-7-25-yahoo_14
2010
uploads-2016-7-25-yahoo_15
2011
uploads-2016-7-25-yahoo_16
2012
uploads-2016-7-25-yahoo_17
2013
uploads-2016-7-25-yahoo_18
2014

uploads-2016-7-25-yahoo_19
2015
uploads-2016-7-25-yahoo_20
2016
uploads-2016-7-25-yahoo_21

via : mashable.com